放置しないで債務整理

債務整理は任意整理、特定調停、民事再生、自己破産などの方法から状況に応じて選択する事ができます。
しかし、債務整理を行うのが遅くなると、時間と共に利子も増え厳しい状態になる事が考えられます。また、債務整理の方法の中から負担が多い解決法を選択せざるを得なくなる事もあります。

できるだけ早い間に負の少ない方法で解決しておく事をおすすめします。
借金問題は放置しておけば放置しておくほど解決が難しくなります。問題が悪化してしまう前にきっぱりと解決してしまいましょう。

テレビやラジオで話題に上ることも多い債務整理

テレビやラジオのCMで話題に上る、任意整理などの債務整理というのは何なのでしょうか。債務というと消費者金融などの借金だけでなく、資産がマイナスに働くものも含みます。例えば、雑草が伸び放題の荒地や空き家などの土地、家屋など持て余している財産です。

家や土地には固定資産税がかかりますから、保有しているだけで有効活用できていないと家計を圧迫することになります。そういった借金的要素の資産を放棄や上手く運用して売却益を得るなどの手続きは、弁護士など法律家にサポートしてもらうとリスクを軽減できます。このような手続きも債務整理のひとつといえるでしょう。

月々の借金返済に苦しんでいるなら債務整理を

生活費の補填や急な出費のために、カードローンやキャッシングを利用したものの、その後の返済に追われているという方も多いのではないでしょうか。自転車操業状態から抜け出したいのであれば、任意整理などの債務整理を検討してみてはいかがでしょうか。

金利のカットや分割返済などで返済の負担が減るかもしれませんし、債務整理に入ると督促の連絡がストップしますので、精神的に余裕が生まれて、無理の無い返済計画を立て直すことが可能となります。無料相談を行っている法律事務所もたくさんありますので、借金で悩んでいる方は一度専門家に相談してみる事をおすすめします。

債務整理はなんだろう

債務整理には過払い金請求、任意整理、民事再生、自己破産と4つの手続きがあり、どれも借金を抱えた方には利のある条件となっています。過払い請求となると、返済にあてたお金から払いすぎた分が戻ってくるといった自分の不足を取り戻せるチャンスとなりますが、その他ではどうでしょう。

任意整理、民事再生などは、それぞれリスクはあるものの、貸した金額が減額させてしまうといった点で貸した側に不利が生じます。また自己破産になると借りた側も高価な財産を失わなければなりません。闇金業者が多いなかで一見救いの手でもありますが、やはり借金はしないほうが安全です。

債務整理で借金の減額を

借金を減らすのに、債務整理はとても有効な手段です。手続きをしてくれる専門の弁護士事務所が身近にあるはずです。減らせる借金よりも依頼するときの費用の方が多い場合は相談だけでも無料、もしくは戻ってきた過払いの一部だけといった、相談者に負担を掛けない弁護士事務所もあるようです。

今ある借金の債務整理で、特に任意整理をした場合は、法律で定められている金利上限と照らし合わせて、返済額を大きく減らせる場合もあります。その他借金の催促の電話、業者からの圧力を止めて貰ったり、心の負担も取り除いてもらえるでしょう。

関連

MENU

TOP  交通事故  交通事故弁護士  交通事故慰謝料  交通事故相談  交通事故相談  任意整理  債務整理  相続  自己破産  過払い  離婚  交通事故について  債務整理について  相続について  自己破産について  過払い請求について  離婚について