過払いとは

借金やクレジットカードを利用した際に、余分に支払っている利子を取り戻すために、過払い請求を弁護士に依頼したいと考えている人も多い様ですね。

弁護士であれば誰でもいいというのではなく、弁護士選びはしっかり選びたいですね。

実は弁護士に依頼しても、着手金を支払ったままで長期的に何の連絡もないというトラブルや、弁護士が過払い金を着服していたという事件も起きています。

この様な事件に巻き込まれてしまう様なケースというのも増えている様です。弁護士であればどんな人でも安心して利用できると考えるのは、ちょっとリスクがありますね。

過払い請求をきちんと済ませる事はもちろん、自分が新たな事件やトラブルに遭わない様にしましょう。

債務整理の過払い請求を弁護士や司法書士に相談

債務整理のうちの過払い金の請求は専門家に依頼しなくても、自分で行う事は可能です。当然、弁護士や司法書士等の専門家に依頼すると費用が必要になります。

自分で行える人は自分で行うと良いでしょう。しかし、過払い金の返済には複雑な手続きを行わなくてはいけません。また、過払い金返済に必要な書類を正確に記入して提出しないといけません。

過払い金は自分に過払い金が発生しているのかどうかを把握する事さえ、ややこしいと言われています。これらの事を考慮すると弁護士や司法書士等の専門家にお願いした方が早く解決でき、いい場合もあるでしょう。

初回無料で相談を受け付けている弁護士や司法書士も多いので、一度相談して費用など聞いてみても良いかもしれませんね。

弁護士などの専門家に依頼する過払い

弁護士法律事務所の広告では債務整理や過払い請求に力を入れていると所が多かったですが、最近は徐々に減ってきたように思います。その理由に過払い請求のピークが過ぎたからではないでしょうか。

急激に過払い請求をする人が増え、潰れてしまう消費者金融もありました。過払い請求をしているにも関わらず、返金できない金融機関もあります。

もし、まだ過払い請求をしていない人は急いで手続きをした方が良いかも知れません。

法律の専門知識が無く手続きをすると時間がかかったり、相手にしてくれない場合がありますので、弁護士などの専門家に依頼してみてはいかがでしょうか。

過払い請求に慣れている会社

電車とかバスなどに乗ると、借金でお困りではないですか、などと見ている人に訴えかける様な広告をたまに見かける事もあります。これは、どうやらあなたの代わりに債務整理を行います、という様な広告の様ですね。債務整理の中には過払い請求も含まれています。
この様な広告もあちこちで見かける事も多く、今ではたくさんの人が債務整理について知っています。

知っている人が多いという事は、その中に実際に実行に移す人もいます。
  でも、金融関連の会社は、顧客から過払い請求の依頼が来る事も多く、その対応に慣れている事が多い様です。法律家を通さない場合には、そう簡単に応じてはくれない事が多いでしょう。

過払い請求は弁護士に依頼してスムーズに

過払い請求はいつでも好きなタイミングで行えれば理想ですが、実際はそう甘くはありません。
最終契約日から10年で時効となり、その後は1円も回収できなくなります。
法的に無効になるので、専門家を通して交渉しても回収はできません。

現在契約中のローンなら問題ありませんが、すでに契約完了しているローンがあったら注意です。
すぐに過去の利用履歴をチェックして、過払い請求が時効になっていないか確認しましょう。

過払い金請求は弁護士に任せるのが得策であり、スムーズな回収が可能となります。
最も高額の回収が可能になる方法は、弁護士に任せることです。

自分で業者に過払い請求をしても、10%も戻ってこないことが多いです。

過払い請求と利息制限法と出資法

過払い請求をすることによって、違法な金利で取り立てた返済と、合法な金利との差額分の過払い金を取り戻すことができます。

未だに返済で苦しんでいる方も多いですが、長期間の返済の苦労が報われるチャンスなので、是非とも知っておきたいものです。

というのは、過払い請求をしないと、消費者金融の方から返してくれるという事はないからです。これは請求しないと戻ってくることのない権利です。違法行為には刑事罰のあるものとないものがあります。

刑事罰のあるものについては、社会的な通念として悪い事に関して義務を負います。利息については利息制限法と出資法という二つの法律があります。

出資法には刑事罰がありましたが、利息制限法には罰則がありません。その為、刑事罰のない利息制限法は無視され、出資法に抵触しない範囲内で年利が適用されてきました。今はその矛盾をなくすために、出資法の利息上限を利息制限法に合わせてあります。

過払い請求で取り返すのは一つ前の利息制限法を超えた分の利率でついた返済分です。さかのぼったとしても、当時に刑事罰がなかった事には変わりはありません。その為、特にこちらから請求しなければ消費者金融はなんの罰則も受けないですし、即違法分を返還する必要もないのです。

過払い請求をまず把握したい

手続きを行うという前に、まず自分の過払いが最大限に戻ってきた場合には、いくらなのかという事を知っておきたいという人も少なくはないでしょう。過払いは手続きを行わないと金額が分からないという分けではなくて、場合によっては計算する事でも、実際の金額やもしくは近い金額を把握できるという場合もあります。

ただ、過払いの計算が紛らわしい事がありますので、時には間違って計算してしまうなどという事も考えられます。参考程度に知っておきたいというのであれば、計算するのもいいでしょう。事前に過払いについて大まかな事が分かっているのであれば、自分でどうしたいのか判断できる事もあるかと思います。

過払いは自分でも積極的に把握する努力をしたいですね。