離婚と親権

未成年の子供のいる家庭では、離婚をする際に子供の親権が問題になってきます。
子供の親権者を決めないと離婚は認められません。
話し合いで親権が決まらない場合は調停、それでも決まらないなら審判や訴訟で裁判所に決めてもらうことになります。
裁判に及んだ場合は、
子供への愛情、経済力、サポート、監護能力、生活環境、本人の意思・・・等様々な事情を考慮して判断されます総合的に判断されます。
尚、離婚後は必ず婚姻前の氏に戻らないといけないわけではありません。婚姻中の氏を名乗ることも可能です。