自己破産のデメリット

自己破産は弁護士に頼むと全ての手続きをしてくれます。自己破産のデメリットは4つあります。

1つ目は5年から7年間の間は、クレジットカードとローンが組むことができません。

2つ目は、官報に名前と住所が載ります。

3つ目は、連帯保証人が自己破産した人の借金を背負うことになります。そうなると、連帯保証人になった人も同じ目に合うこともあります。

4つ目は、借金はなくなりますが、一定理由以外の持っている財産は失います。3つ目の連帯保証人を付ける借金がなかった場合は、迷惑がかかることもなく、スムーズにいくでしょう。