慰謝料についての交通事故相談

交通事故相談は、ぜひとも法律のプロである弁護士に相談するべきでしょう。慰謝料には、遺族固有のものと、被害者固有のものがあり、被害者が死亡した場合は相続して両方を主張できますが、それぞれ主張していくためには、受取人となる人がしっかりと訴訟活動をしていかなくてはなりません。

日本の司法は処分権主義、弁論主義を採用しているため、権利が仮にあっても、主張立証活動がうまくいかないと負けてしまいます。そのため、法律のプロである弁護士に、慰謝料について交通事故相談をしておくことは、権利を守るという点においてメリットがあります。

自動車でも起こるかもしれない交通事故相談

車を運転していなくても交通事故というのは発生します。特に最近は自転車による交通事故もニュースなどで眼にする機会も多く、自動車ほどではなくても死亡事故に至りやすい事故と認知されています。そこで、車に乗っていない方でも交通事故に強い弁護士などの存在を知っておく必要があるでしょう。

学生の場合は自分で慰謝料を払うということがありませんが、親が支払うことになるので、可能な限り負担は減らせると良いでしょう。そのため、交通事故相談を行える弁護士に過去の事例なども聞いておくと安心できます。同様のケースではいくらくらいの慰謝料が発生したのか知っておけば、過剰な金額の場合はすぐに気づくことができるでしょう。

関連

弁護士の介入によって慰謝料が変わることがある交通事故相談

普通に生活しているつもりでも、思いがけず交通事故に巻き込まれてしまい、怪我を負ってしまうこともあるでしょう。こういったとき、交通事故の加害者と示談し、慰謝料の支払いを受けることがありますが、示談交渉の時点で弁護士の介入を受けた場合、事故の状況や後遺症の重さによって、また交通事故相談の事例に応じて慰謝料額が増えることがあります。

交通事故の加害者は、加入している保険会社に連絡を取り、被害者との示談交渉を行うのが一般的ですが、この時点で示談交渉を成立させてしまうと、後に後遺症が出てしまった場合、示談金では治療が賄えない場合がありますので、弁護士への相談は示談成立前にすると良いでしょう。

適度にむちうち慰謝料相場よりも上の金額を出す

あまりにも相場から離れているような金額を出しては行けませんが、むちうち慰謝料相場よりも少し高い金額を提示しておけば、ほぼ慰謝料の支払いには納得してもらえます。慰謝料の金額に納得してくれないなどの理由で早く交通事故を解決できません。

素早く慰謝料の支払いを完了させたいなら、むちうち慰謝料相場の金額を知っておき、少し高く提示しておくことが大事です。被害者側としては、意外と高い金額が提示されていることで納得できますし、相手側の交通事故弁護士も金額に同意できると判断して、慰謝料を受けたほうが良いと提案してくれます。

ちょっとした事故でもむちうち慰謝料相場を見る

少し接触した程度と思われても、むちうち慰謝料相場をチェックした方がいいです。交通事故弁護士は、必ずむちうちの状態が起きていないか確認しています。これは、むちうちというのが慰謝料の決定に重要な役割を果たしていて、結構大きな支払いを行わないと駄目だからです。

むちうちは後遺症が起きている可能性もありますので、短期で回復するかは微妙なところです。様子を見ながら、むちうち慰謝料相場等を確認して、最終的に慰謝料として支払う金額を決めましょう。交通事故弁護士は、特にむちうちには気をつけている傾向があり、多くの金額を出すように提案します。