慰謝料についての交通事故相談

交通事故相談は、ぜひとも法律のプロである弁護士に相談するべきでしょう。慰謝料には、遺族固有のものと、被害者固有のものがあり、被害者が死亡した場合は相続して両方を主張できますが、それぞれ主張していくためには、受取人となる人がしっかりと訴訟活動をしていかなくてはなりません。

日本の司法は処分権主義、弁論主義を採用しているため、権利が仮にあっても、主張立証活動がうまくいかないと負けてしまいます。そのため、法律のプロである弁護士に、慰謝料について交通事故相談をしておくことは、権利を守るという点においてメリットがあります。