弁護士に交通事故慰謝料の請求を巻かせるメリット

By | 2016年4月26日

日本は弁護士を必ず立てなくても、訴訟を行うことができる裁判制度を設けています。そのため、交通事故被害にあって慰謝料を請求するということも、自分で行うことは可能です。しかし、弁護士に頼んだ方がメリットが大きいです。

その理由は、主張しなければならない点を的確に主張することができるため、主張漏れがあるために負けるといったことを避けることができるからです。また、裁判所は平日にしかやっていませんから、自分で行うときには仕事を休まなくてはならないなど、不都合も多くなっています。そのため、交通事故の慰謝料を請求するならプロに任せた方が良いでしょう。