年金の相続手続きについて

相続手続きは、ややこしくて面倒なものです。相続手続の完了まで期間が決まっているので、速やかに進めていかなくてはなりません。年金をもらっている人が死亡した場合、受給停止をしなければなりませんし、そのままもらい続けると後になって大変な問題となってきます。一般には、生きていた人の生活を支えるためにあるので、相続手続きの対象にはなりません。

保険会社や企業が実施しているものは、相続の対象になることがあります。受給前に死亡した場合、条件をクリアすれば、遺族がもらえる場合もあるので、所定の機関に問い合わせた方が良いかもしれません。