交通事故

交通事故を起こしたり、巻き込まれた場合、これからどうすればいいのかと悩んでしまう事もあります。
家族や知り合いに詳しい方がいれば相談することも出来ますが、いない場合は相談しても必要な答えを知ることが出来ません。
そのような時はすぐに交通事故弁護士に相談して下さい。
弁護士事務所によっては最初の相談を無料にしているところもありますし、今後の手続きについてもアドバイスをしてくれます。
また、必要な場合は弁護士を雇うことも出来ます。
交通事故関係の問題で悩んでいる方は、弁護士に交通事故相談することで安心することが出来ます。

事例を知ることが交通事故慰謝料請求の参考になる

交通事故慰謝料を請求するときに役に立つのが、過去の交通事故の判例です。ネットでも数多くの交通事故の事例が紹介されています。相手側から提示された交通事故慰謝料に不満があり弁護士や交通事故センターに相談する場合などにも参考になります。

過去のこのような事例と同様だとこれぐらいの金額になるのではないかという、大まかな目安をつけることが可能になるのです。また、依頼する事務所のホームページなどにも記載されているため、交通事故弁護士を選ぶ際にどのような案件に強く、経験は多くあるのかなどの判断材料にすることができます。判例集や図書館、専門のネット情報サイトなどの手段で調べることができます。

関連

弁護士基準で判断する交通事故慰謝料

交通事故に遭ったときに怖いのは、後遺障害ができてしまうことです。骨折や打撲程度で済めばよいのですが、四肢が不自由になってしまったり車いす生活を余儀なくされてしまうなど、日常生活を送ることに影響を及ぼす程の障害を負った時には、慰謝料の金額もその分高額となります。過去の事例を参考にして交通事故慰謝料は決定しますが、弁護士などの専門家を交えることで加害者が支払う慰謝料を少し軽減することができます。

それを弁護士基準と呼び、一般的に見れば高額であることに変わりはありませんが、国が定めている基準額と比べれば多少安くなっているのです。

交通事故慰謝料の決定に影響がある事例

被害者でも加害者でも、交通事故には遭いたくないというのが一般的でしょう。しかし、いくら気を付けているつもりであっても時として交通事故に巻き込まれてしまうということがあります。そのような場合のために力になる弁護士事務所を調べておくことが大切です。

当事者の間に交通事故弁護士が入ってくれることで話し合いがスムーズに進みますし、トラブルに発展する可能性も低くなります。さらに交通事故慰謝料についても弁護士は仕切ってくれますので、過去の事例を参考にしたうえで適正な金額を提示してもらうことができます。弁護士事務所は無料相談を受け付けているところもあるので確認しておきましょう。

むちうち慰謝料相場は治療期間が大事

むちうち慰謝料相場を計算していく時、そして情報を調べることになった場合には、むちうちの治療期間が影響してきます。治療を受けているだけお金を払ってもらえるように思われますが、一般的なむちうちの治療は3ヶ月と判断されており、3ヶ月を経過している分については慰謝料の対象にならないのです。

つまり、むちうち慰謝料相場で書かれている金額は、3ヶ月程度の治療を目安としていると考えてください。交通事故弁護士も、治療にかかる期間などの説明を行っています。もし、交通事故弁護士が提示している額が小さいなら、治療期間について来たほうが良いでしょう。

交通事故慰謝料相談なら弁護士法人みお綜合法律事務所大阪、京都、神戸

大阪事務所
〒530-8501 大阪府大阪市北区梅田3丁目1番3号
ノースゲートビル オフィスタワー14階
JR大阪駅すぐ。
TEL:06-6348-3055

https://www.miolaw.jp/
https://www.jikokaiketsu.com/

京都事務所
〒600-8216 京都府京都市下京区烏丸七条下ル東塩小路町735-1
京阪京都ビル4階
JR「京都」駅「烏丸中央口」から烏丸通を北(ヨドバシカメラ・烏丸七条方面)へ約250m
TEL:075-353-9901

神戸支店
〒651-0086 兵庫県神戸市中央区磯上通8丁目3番10号 
井門三宮ビル10階
JR三宮駅、阪急三宮駅徒歩4分
TEL:078-242-3041