交通事故相談

交通事故による被害は大きくなる傾向にあります。それもそのはずで、高速で移動する車と生身の人間がぶつかるわけですから、衝突をすると大けがを負う可能性があります。そして、そのけがが原因で仕事ができなくなったり通院をする必要が生じたりといった損害が起きます。

そのような交通事故の損害を相手に請求する場合には、弁護士の交通事故相談を利用するのが最も確かです。実務的な見地から、今後どのような対応をすればよいのかについて、適切な対応をしてもらうことができます。また、示談や訴訟の際には代理人になってもらうこともできます。

弁護士に交通事故相談をするメリット

交通事故にあってしまったとき、保険会社の言いなりになっていませんか?交通事故によるケガや後遺症に対しての慰謝料は弁護士への交通事故相談によって増額することができるかもしれません。

むちうちなど様々な症状に対して通常は通院が必要になることも多いですが、後遺障害に対してどのような制度が適用になるのかはあまり知らないですよね。それに、自分1人ではなかなか慰謝料や賠償金の交渉をすることが難しいです。実際の事例をあげると、むちうちや頭部打撲などのケガを負ったものの賠償金は支払われないことになっていましたが、弁護士への相談によって1000万円を超える賠償金がもらえることになったという事例も存在します。

関連

歩行者との接触事故の交通事故相談

交通事故相談は、必ずしも自動車同士の事例だと限りません。歩行者や自転車との接触事故なども考えられます。基本的に、飛び出しなど歩行者側に過失があったとしても、運転者側の責任がゼロになる事例はまずありません。

しかし、必要以上の慰謝料を払う責任はありませんから、交渉の際には自分の潔白をきちんと証明することが大切です。保険会社での対応を不十分だと感じるなら、交通事故問題に強い弁護士を頼ることも視野に入れましょう。当事者間でやり取りすると、ヒートアップして収集がつかないこともあります。客観的な事実から適切な対応を取るためにも、保険会社や弁護士に代理交渉を頼むのは重要なことなのです。

弁護士への交通事故相談

交通事故に突然あった被害者の場合、相手側の保険会社の人間が、とにかく早く示談にしようと慰謝料の話を持ってきます。たいていの場合、相手側の保険会社は自分の利益を追求するものなので、示談で提示された金額というのは、最小金額であることが多いです。

そのため、素人の場合は、相手側の保険会社といっても親切な方なので、そのまま交渉を進めてしまうということがあります。しかし、それでは損をしてしまうので、交通事故を専門的に取り扱う弁護士などに交通事故相談をしましょう。交通事故の専門家なので過去の事例も把握していて、安心できる存在です。

一人で悩まずに解決へ導く交通事故相談

交通事故に遭遇したとき、どのように対処すればよいか即座には判断できないこともあるのではないでしょうか?車を運転しているときには、相手と自らの安全を確保した上で、警察または消防へ通報します。落ち着いたら保険会社へ交通事故相談をすると良いでしょう。

時間が経つにつれて、事故の相手方から慰謝料に関して思わぬ要求があるかもしれません。そのような場合にも保険会社へ相談しましょう。事例を見ても自己解決は最善ではありません。保険会社だけではなく、行政機関にも相談窓口があります。相談する場合には、どちらが良い悪いかでは、事故の際に生じた事実を伝えることに専念しましょう。