交通事故相談の着手金は慰謝料の何割?

交通事故相談では、着手金は慰謝料の増額割合に応じて決まることが多いようです。

昔は、慰謝料の金額に関わらず初期費用は20万円程度が相場だったようです。今でも20万円から30万円が初期費用でかかることもあります。それに加えて、慰謝料の増額分の10%が成功報酬の相場です。例えば、100万円から300万円まで増額できたなら、200万円の10%である20万円が成功報酬になります。

現在では、着手金が無料の法律事務所も増えています。そのかわり、成功報酬が20%になっていることが多いようです。200万円が増額されたケースなら、成功報酬で40万円がかかるので総額は同じくらいです。どれだけ増額が見込めるかによって法律事務所を選ぶべきでしょう。

保険会社が決めるむちうち慰謝料相場について

交通事故にあった際によくある怪我のひとつがむちうちです。むちうち慰謝料相場は保険会社で決められていますが、事故にあった本人にはその相場というのはなかなかわかりにくいものとなっているのが現状です。

保険会社が賠償金を出し渋ることもあるようで、正当な金額さえもらえなくなってしまう場合もあるため、注意が必要です。事故にあった際に1番考えなければならないのは、日々の生活を守るということです。たかがむちうちといっても、その後の生活や仕事に支障をきたす場合もあります。自分や家族を守るためにも、交通事故弁護士へ依頼して、正当な賠償額をもらうことも重要なことなのです。

深夜の交差点内での交通事故相談

交通事故相談は任意保険に加入していると、24時間対応してくれます。事故車輌のレッカーや怪我人への救急対応も24時間助かります。今では保険会社が対人への話し合いの仲裁までも対応してくれる事例もあるそうです。

そして事故後の怪我人への保証も慰謝料や医療費など様々で、各々の生活する中での仕事への保証や通院と入院への負担金の保証などのもしっかり対応してくれます。近くの病院も探してくれるなど、至れり尽くせりの保証は、日々何かあった時にはとても安心です。近年では、巻き込まれる事故なども多々あったりするので、任意保険の手厚い保証はこれから自動車を日々使われる人には是非必要な保険です。保険掛金もお手頃です。

交通事故相談は弁護士に

交通事故被害に遭遇したとき、手続きを保険会社に任せてしまうと正当な金額の慰謝料をもらえていないかもしれません。交通事故相談の事例などに関する案件を多数取り扱い、経験豊かな専門家である弁護士に相談するのがおすすめです。

交通事故で入院ともなれば、けがによる痛みに加え、会社に行けないことによる不利益、精神的苦痛や今後の生活への不安も大きくなります。弁護士に相談することで、これらも含めた慰謝料を請求できる可能性が高まります。任意保険の弁護士費用特約に入っていれば弁護士費用がかからないので、万一のときのためにチェックしておくと良いでしょう。

揉める事が多い交通事故は交通事故相談で解決

交通事故はお互いが自分の過失を認めたくない為、大抵は自分が有利になるように証言します。目撃者がいる場合、ドライブレコーダーをつけている場合は証拠として残りますが、それ以外は中々話しがまとまらない時が出てきます。そういった時に交通事故相談を利用します。

事例として自分に過失割合が多い時、保険会社同士で話し合いが持たれていても相手から多額の慰謝料を請求されたりすることも起こります。そのような場合に自分の知識だけでは解決出来ないことがほとんどです。ましてや支払わなくてもよいものまで払うことになっては納得いきません。交通事故相談を利用して欲しいと思います。

関連

MENU

TOP  交通事故  交通事故弁護士  交通事故慰謝料  交通事故相談  交通事故相談  任意整理  債務整理  相続  自己破産  過払い  離婚  交通事故について  債務整理について  相続について  自己破産について  過払い請求について  離婚について