交通事故慰謝料

交通事故慰謝料の交渉をするのであれば、弁護士に任せると円滑です。個人で交渉する場合、相手との軋轢もあり、まとまる話もまとまりません。その点、弁護士であれば、専門家の見地から法的知識に基づいて相手と相対しますし、第三者が間に入ることで、両者とも感情的にならないというメリットがあります。
間違っても示談屋を利用してはいけません。弁護士以外が他人の示談を報酬を得て行うことは弁護士法違反ですし、示談屋は得た金銭から多くの取り分を要求するなど、利用した側にとってもよいことはありません。そのため、経験豊かな弁護士に依頼するべきです。