交通事故慰謝料を増やすためには

交通事故慰謝料とは事故でかかった医療費(通院、入院)、仕事を休んだ日数、後遺障害の3つです。増やすためにはとりあえずは痛みがある部位のレントゲンをいっぱいとりましょう。あとで痛みを訴えても、事故のせいではないと判断されるので、なんとなくおかしいぐらいでも撮りましょう。そして毎日通院することです。

入院1日いくら、通院1日いくらと決まっているので、できるだけ入院、通院したほうがいいです。

症状がよくなっても、保険会社がいいというまで、通いましょう。病院によっては事故の人はなるべく短く終わらせる医師もいます。病院をかえることもできます。長い人では2年通ったりもします。

交通事故慰謝料の金額と事例

交通事故慰謝料はいくらもらえるのかの基準は自賠責保険基準や任意保険基準、弁護士基準といったものがあります。特に自賠責基準が一般的に支払われることが多く、同時に1番低い基準ともされています。では、自賠責保険の損害賠償額つまりは交通事故慰謝料の相場について、死亡事故で平均700万円、乗用車は800万円程度となります。

また、損害や後遺障害では賠償額が平均15万円で、乗用自動車は14万円程度です。なお、弁護士基準が最も高いとされ、保険会社の提示額が250万円であった際に、交通事故弁護士を通して請求したら250万円に500万円が増額されて、750万円になったという事例もあります。

関連

事例別に見る交通事故慰謝料

交通事故は、日々、どこかで発生しています。車の運転手や同乗者に限らず、歩行者でも、いつ何時事故に巻き込まれるかもしれません。その事故の被害者になってしまったら、今までの生活が一変してしまう可能性もあります。事故によるケガで治療しなければならない、そのため仕事ができないなどの状況に陥った場合、その費用を加害者側に、交通事故慰謝料や被害の賠償金として支払ってもらう必要が出てきます。

その金額は、どの程度のケガで入院治療はどれくらいか、後遺症の有無、損害の大きさなど、事例によって変動してきます。それらをすべて考慮して保険会社が支払額の概算を算出し、交渉を行っていくのです。

交通事故慰謝料の事例ごとの相場

交通事故被害に遭ったとき慰謝料はどれだけもらえるのか、交通事故慰謝料の相場はいくらになるのかを、被害者は一番気にしているポイントです。交通事故で負った怪我にはもちろん、慰謝料は精神的な苦痛に対しても支払われますが、支払い算定は大きく分けて、3つの基準があります。

交通事故慰謝料の相場と、実際に起きた交通事故の事例を見ながら、どうやったら慰謝料を引き上げることができるのでしょうか。残念ながら、一般の人が保険会社と交渉しても聞く耳を持たないのが現状で、増額には交通事故弁護士への依頼が必須となります。弁護士基準で請求すると約2倍になります。

交通事故慰謝料及び弁護士基準

交通事故慰謝料は、様々なケースがあり、加害者の保険会社の担当者が来て被害者の過失相殺を考慮すると6パーセント程度ですね、と言ってくるでしょう。しかし、それに納得してはいけません。たとえば、横断歩道の信号を青と確認して歩行していたのに、左折する際に引っ掛けられ転倒したとするとほぼ100パーセントに近い(実際には100パーセントは現実にはありませんが)90パーセントは過失責任を主張できるでしょう。

それでも、相手が引かない場合は裁判に持っていくしかありません。そのためには、事務処理等で弁護士を雇っておいた方がいいでしょう。弁護士基準での数字を準備しておくと、のちの損害賠償にも関わってくるからです。