交通事故慰謝料をどのくらい引き上げられる?

交通事故慰謝料は、主に治療にかかった期間によって計算がされます。後遺障害が残った場合にはとても高額な慰謝料が請求できますので、保険会社にごまかされてしまうと大きな損をします。

また、弁護士に依頼をすると相場よりもさらに引き上げができるケースもあります。

弁護士に依頼をすると着手金で20万円程度がかかりますので、まずは無料相談を受けてみてメリットがあるかどうかを確かめましょう。

100万円の慰謝料を300万円まで引き上げできたという事例もありますので、少しでも納得がいかなかったら相談だけでもするべでしょう。

高額な弁護士基準の交通事故慰謝料を勝ち取りましょう

交通事故の被害にあわれた方は、加害者との示談交渉を行うことになります。大抵の方は、任意保険会社に交渉を任せるため、交渉の内容をほとんど知る事はありません。大抵の加害者も同様に、任意保険会社に交渉を任せています。ですので、実質は保険会社同士の交渉となるのです。

交通事故慰謝料の相場は決まっており、保険会社同士の交渉では、低額な慰謝料で和解とされてしまいます。弁護士基準の相場は、任意保険会社よりも高額です。後遺障害の有無、死亡者の有無など、被害状況に応じて慰謝料はさらに高額になります。交通事故弁護士に相談して、高額な交通事故慰謝料を勝ち取りましょう。

関連

交通事故慰謝料は弁護士基準で考えよう

弁護士は、弁護士基準で慰謝料などを計算します。法的に認められている基準なので、事例の種類でおおよその金額が決まっています。後遺障害など交通事故案件で請求される、交通事故慰謝料でも同様です。手続きは煩雑なものばかりで、慣れないと苦痛になります。専門家に頼んでしてもらうと、負担を感じません。

交通事故案件の場合は、保険会社からおりる保険額とよく比較されますが、保険会社より増額されることが多いのが事実です。保険会社は、加入している保険内容に応じて事務的に手続きするだけで、加害者の加入している保険の会社と交渉したりすることなどありません。疑問点は、弁交通事故護士の方が解決できるでしょう。

交通事故慰謝料、事例ごとに多少の変動

交通事故は、日々様々な場所で起こっています。ドライバーも注意していますが、少しの油断が大事故へとつながることもあります。交通事故の被害者になってしまった場合は、交通事故慰謝料を受け取れます。事例によって金額は変わり、任意保険に加入していたり、交通事故弁護士を通じて示談を進めたりすることでも、最終的に受け取る額が変わってくることもあります。

交通事故慰謝料を請求することで、お金が目当てなのかとか、命を換金するのかという批判的な意見もあるでしょう。けれども、命を生き返らせることができる訳ではありません。将来のため、治療のために使える必要経費と考えればいいでしょう。

交通事故慰謝料の相場について

交通事故に遭ってしまった時、慰謝料の相場はいくらくらいなのか分からないものです。交通事故慰謝料の相場には、強制加入保険の自賠責、個人で入る任意保険、弁護士依頼の3つの基準があります。自賠責は3つの中で最も低い金額に設定されており、任意保険は詳しい金額は非公開となっており、保険会社によって設定金額は異なります。

弁護士基準についてはほか2つより、はるかに金額が高く設定されていて、一番高い基準で請求することが出来たり、事故後のさまざまな不安などを弁護士に聞いたりして、不安を解消に導いてくれる事が可能です。

MENU

TOP  交通事故  交通事故弁護士  交通事故慰謝料  交通事故相談  交通事故相談  任意整理  債務整理  相続  自己破産  過払い  離婚  交通事故について  債務整理について  相続について  自己破産について  過払い請求について  離婚について