交通事故慰謝料をどのくらい引き上げられる?

交通事故慰謝料は、主に治療にかかった期間によって計算がされます。後遺障害が残った場合にはとても高額な慰謝料が請求できますので、保険会社にごまかされてしまうと大きな損をします。

また、弁護士に依頼をすると相場よりもさらに引き上げができるケースもあります。

弁護士に依頼をすると着手金で20万円程度がかかりますので、まずは無料相談を受けてみてメリットがあるかどうかを確かめましょう。

100万円の慰謝料を300万円まで引き上げできたという事例もありますので、少しでも納得がいかなかったら相談だけでもするべでしょう。

高額な弁護士基準の交通事故慰謝料を勝ち取りましょう

交通事故の被害にあわれた方は、加害者との示談交渉を行うことになります。大抵の方は、任意保険会社に交渉を任せるため、交渉の内容をほとんど知る事はありません。大抵の加害者も同様に、任意保険会社に交渉を任せています。ですので、実質は保険会社同士の交渉となるのです。

交通事故慰謝料の相場は決まっており、保険会社同士の交渉では、低額な慰謝料で和解とされてしまいます。弁護士基準の相場は、任意保険会社よりも高額です。後遺障害の有無、死亡者の有無など、被害状況に応じて慰謝料はさらに高額になります。交通事故弁護士に相談して、高額な交通事故慰謝料を勝ち取りましょう。

交通事故慰謝料は弁護士基準で考えよう

弁護士は、弁護士基準で慰謝料などを計算します。法的に認められている基準なので、事例の種類でおおよその金額が決まっています。後遺障害など交通事故案件で請求される、交通事故慰謝料でも同様です。手続きは煩雑なものばかりで、慣れないと苦痛になります。専門家に頼んでしてもらうと、負担を感じません。

交通事故案件の場合は、保険会社からおりる保険額とよく比較されますが、保険会社より増額されることが多いのが事実です。保険会社は、加入している保険内容に応じて事務的に手続きするだけで、加害者の加入している保険の会社と交渉したりすることなどありません。疑問点は、弁交通事故護士の方が解決できるでしょう。

交通事故慰謝料、事例ごとに多少の変動

交通事故は、日々様々な場所で起こっています。ドライバーも注意していますが、少しの油断が大事故へとつながることもあります。交通事故の被害者になってしまった場合は、交通事故慰謝料を受け取れます。事例によって金額は変わり、任意保険に加入していたり、交通事故弁護士を通じて示談を進めたりすることでも、最終的に受け取る額が変わってくることもあります。

交通事故慰謝料を請求することで、お金が目当てなのかとか、命を換金するのかという批判的な意見もあるでしょう。けれども、命を生き返らせることができる訳ではありません。将来のため、治療のために使える必要経費と考えればいいでしょう。

交通事故慰謝料の相談なら法律事務所、弁護士法人リーガルプラス千葉、茨城、東京

市川事務所
〒272-0021 千葉県市川市八幡2-16-1 はぐちビル4 階
JR本八幡駅北口より徒歩1分

船橋・津田沼事務所
〒274-0825 千葉県船橋市前原西2-14-2
津田沼駅前安田ビル10 階1002 号室
JR津田沼駅北口徒歩1分

千葉事務所
〒260-0015 千葉県千葉市中央区富士見1丁目14番11号
常盤ビル7階A
JR千葉駅(中央改札口)東口 徒歩3分

成田事務所
〒286-0033 千葉県成田市花崎町800-6 丸喜ビル5 階
京成成田駅東口より徒歩5分

東京事務所
〒103-0027 東京都中央区日本橋3-1-4 画廊ビル7階701号室
東京メトロ銀座線 日本橋駅より徒歩1分

かしま事務所
〒314-0031 茨城県鹿嶋市宮中字東山321-1
JR鹿島神宮駅から徒歩27分
駅からタクシーをご利用の場合は10分

https://legalplus.jp/