交通事故慰謝料で確定申告は必要?

交通事故慰謝料では、確定申告は必要ありません。交通事故にあうと、治療費、通院費、入院費、休業損害、慰謝料などをもらうことができます。

しかし、これらは被った損害を賠償してもらっているkだけなので、所得とはならず、税金はかかりません。

慰謝料は精神的・肉体的な損害に対する金銭賠償であり、譲渡のように考える人がいますが、これも損害への賠償なので非課税です。休業損害については、仕事を休んだ分の損害金ですので、所得税がかかると考えている人がいますが、これにも税金はかかりません。

結論として、損害を補填してもらっているだけの交通事故慰謝料には税金はかからず、確定申告は必要ありません。

弁護士基準の交通事故慰謝料

交通事故の被害者となり、加害者に損害賠償請求を行うような負傷を受けた場合、早ければ事故直後から示談交渉が始まります。被害者の交渉相手は、加害者が加入する保険会社の交渉担当者ですが、安易に示談書へサインしてはいけません。提示された額が妥当か判断できない場合には、弁護士へ依頼をしましょう。

弁護士基準での交通事故慰謝料は、自賠責保険や任意保険による基準と比べ、高額になる可能性があります。ある程度相場は決まっているものの、交通事故が原因で後遺障害が残ってしまったなどの事情によって金額が上乗せされるケースもあります。

関連

弁護士基準で高額になる交通事故慰謝料

交通事故慰謝料を本来の相場より低く見積もるケースは少なくありません。間に保険会社が入り、示談を急いでくるのです。そういう時にはすぐにサインをせず弁護士に依頼して、弁護士基準で計算してもらうべきです。弁護士基準で計算をすれば、保険会社が提示する基準よりはるかに高額の慰謝料を受け取ることができるかもしれません。

事故の後遺症が残ってしまった場合の後遺障害慰謝料は、保険会社の基準と弁護士の基準で約1000万円、あるいはそれ以上の差額が見込めることがあり、その差は歴然としています。交通事故に遭った時は安易に示談成立せず弁護士に依頼をした方が良いです。

事例に問題があると交通事故慰謝料は高まる

事例に悪質性があるなどの問題から、かなり厄介な状況に陥ってしまう可能性もあります。当然ですが、しっかりと対応していかなければ厳しい部分もありますから、交通事故慰謝料を増やさないためにも、交渉してもらえる状況は重要になるでしょう。

ただ、事例が悪質と思われるようなら、当然払う額は多くなってしまいます。大きな金額を払うことになったら、自分が悪いというイメージを持ってください。交通事故慰謝料の中には、同じような状況だったとしても、悪いと思われなかったことで金額が小さくなる可能性もあるので、状況次第で変わるものと考えてください。

大きな事故ほど交通事故慰謝料は交渉が大事

大きな事故になってしまうと、交通事故の慰謝料は劇的に高くなります。交通事故で支払うべき相手に対して、非常に大きな問題を起こしていると判断できるからです。交通事故慰謝料として支払う金額が多くなってしまうほか、場合によっては交通事故の慰謝料を多くの人に支払うこととなるでしょう。

多重事故を起こしている場合には、特に気をつけて対応することになります。交通事故慰謝料として、交通事故を起こしている人を対象にして、全て支払うこととなるからです。もし、支払いができない状況になってしまえば、相手の方から事例を元に支払うように裁判を起こされてしまいます。

MENU

TOP  交通事故  交通事故弁護士  交通事故慰謝料  交通事故相談  交通事故相談  任意整理  債務整理  相続  自己破産  過払い  離婚  交通事故について  債務整理について  相続について  自己破産について  過払い請求について  離婚について