交通事故慰謝料で確定申告は必要?

交通事故慰謝料では、確定申告は必要ありません。交通事故にあうと、治療費、通院費、入院費、休業損害、慰謝料などをもらうことができます。

しかし、これらは被った損害を賠償してもらっているkだけなので、所得とはならず、税金はかかりません。慰謝料は精神的・肉体的な損害に対する金銭賠償であり、譲渡のように考える人がいますが、これも損害への賠償なので非課税です。休業損害については、仕事を休んだ分の損害金ですので、所得税がかかると考えている人がいますが、これにも税金はかかりません。

結論として、損害を補填してもらっているだけの交通事故慰謝料には税金はかからず、確定申告は必要ありません。