債務整理や自己破産について

債務整理や自己破産の手続きについて、弁護士に依頼をすると費用が掛かりすぎてしまうのでは?ということで司法書士に相談なさる方もおられるのではないでしょうか。

少額の債務については、司法書士が債務整理を扱うこともできるのですが、場合によっては、弁護士でないと対応できないものも多々あります。

そのような場合があると聞くと、債務整理や自己破産の依頼をする側からすると司法書士に依頼をした方が良いのか、弁護士に依頼をした方が良いのかで悩まれる方もいらっしゃることでしょう。

司法書士も弁護士も、無料相談を行っている方が殆どですので、もし、悩んでいらっしゃるのであれば、一人で悩まずにまずは相談なさってみては如何でしょうか。

自己破産をするとどうなるか

あまり考えたくはないかもしれませんが、自分が自己破産をするとどうなるか考えてみたいと思います。

まず自己破産をすると官報と呼ばれる機関誌に掲載される事になります。その様に聞くと、たくさんの人が自分の名前や自己破産をした事を知る事になるのでは、と怖くなってしまう事もあるでしょう。

しかし、官報の自己破産をした人のリストについてはいちいち確認している人も多くはないと思います。また、官報の存在を知らない人や、読んだ事がない人もいると思います。

これを恐れるあまり自己破産をするのが遅れるなどして、大変な事になってしまう事は避けたいですね。何が大事かという事を考えながら行動する様にしたいですね。

自己破産についてプロの意見を聞く

よほど多額の借金をしていない限りは、自分で借金問題がどの程度深刻であり、自己破産をしないといけないか、という事まではっきりと分からない事もあると思います。

自己破産については、プロの意見を聞きながら対応したいですね。

プロの意見を聞くと、自分が自己破産しないといけないと思っていたのに、予想外の意見をいただく事ができた、という人もいるかもしれません。

自己破産は弁護士の様にとても詳しい人でないと、分からない事が多いと思います。勝手にこうだと決めつけるのではなく、状況に合わせて対応する様にしたいですね。

事態を早く改善するためにも、思い切って自己破産の問題に向き合う様にしたいですね。