離婚と慰謝料

離婚するにあたって、相手から不当な行為を受けた場合には慰謝料を請求できます。
双方が合意すれば慰謝料額はいくらでも構いませんが、裁判に持ち込まれた場合は不当行為の種類や内容、程度によって慰謝料の金額は変わってきます。
また、婚姻期間、相手の収入、職業、年齢、子供の数、等も考慮されます。
裁判で決まる離婚に伴う慰謝料には相場というものがあり、財産分与に含めた形で支払われるのが一般的です。
慰謝料請求への流れは、まずは話し合い。
話し合いでまとまらない場合は離婚調停、それでもまとまらなければ離婚裁判となります。
ただし、裁判で不当行為を証明するには有力な証拠が重要になってきます。