被害者のための交通事故弁護士費用特約

自動車保険プランの大半には、示談交渉の代行特約が付加されています。これは、交通事故を起こしてしまった時に相手方と損害賠償について話し合う示談交渉を保険会社の担当が代行してくれるという内容です。

ここで、この示談代行のサービスは相手に対して賠償責任がないと利用することかできません。よって、自分に過失がなく相手への賠償義務がない被害者の場合は保険会社に代行を依頼できず、そのままでは自分で示談交渉をしなくてはなりません。

しかし、保険会社は示談のプロなので安い示談金を提示し、安易に応じてしまうと大損です。それを避けるためには、弁護士に相談して味方になってもらうことです。

自動車保険には被害者のための交通事故弁護士費用特約があって、法律事務所への相談費用が補てんされます。