行方不明の相続人が発見された場合

By | 2015年9月28日

何とかして相続の件で家族に連絡をしようと思っていたけれど、どう頑張っても連絡を取る事ができず行方不明になっている相続人に対して、失踪宣告を行って相続が行われた後に出てきたという事も稀なケースですが否定はできません。行方不明の相続人が発見された場合には、使ってしまっているお金などは仕方ありませんが、所有している資産は法律の観点からみると、返す必要があるそうです。

行方不明の相続人がいる場合は、ちょっとややこしくなるかと思います。行方不明の家族がいて、どうすべきかわからないのであれば、法律家にアドバイスを求めたいですね。行方不明なのでいい加減に扱うという事だけは避けたいですね。