相続相談の金額について

相続相談をしている職業は、弁護士や司法書士、税理士などです。それぞれ、相談する内容や目的によって適している対象が異なりますが、基本的に弁護士であれば、報酬を得て相談することや、代理人となることが、どの領域でも認められているため、弁護士に相談すれば安心です。

相談にかかる金額は、時間制としている所が多く、一時間当たり5000円から10000円程度が多いようです。また、実際に手続きや訴訟を代行してもらう場合には、実費や着手金、成功報酬が必要となります。この金額は、事務所ごとに大きく異なるため、依頼するにあたって確認しておきましょう。

遺産相続手続きは簡単に終わらせることが出来ます

遺産相続手続きは、たくさんの手続きがあるので、難しいと感じている方が多いと思います。手続きは遺言書を作成してくれているのかどうかでも変わってきますし、遺産の数によっても手続きの種類が変わってきます。どの手続きからすれば良いのかわからない場合は、弁護士を利用しましょう。

弁護士を利用することでとても簡単に遺産相続手続きを終わらせることが出来ます。弁護士は、何度も手続きをしているので、すぐに順序を決めてアドバイスをしてくれます。弁護士のアドバイス通りに手続きをすればとても簡単に終わらせることが出来ます。

遺産相続手続きと自筆遺言書作成について

遺産相続手続きの最も優先されるものである遺言書ですが、実際に作成してみようとするといった決まりがあるのかイマイチわからないですよね。実はきちんとしたルールがあり、それに一つでも違反していると正式な書面として認定されません。そのためにも自筆で作成を考えているのであればそれなりに本などで勉強することが大切です。

必ず守らなければならないのが①全て自室であること②署名・捺印をすること③封をきちんとすること④作成した年月日を入れることです。忘れてしまいがちなのが作成した年月日ですが必ず必要になってきますので最初に記載してしまった方がいいかもしれませんね。

遺産相続手続き・遺言書作成にかかる時間

遺産相続手続きの遺言書作成にかかる時間というのは一体具体的にはどれくらいかかってくるものなのでしょうか?あまりにも時間がかかってしまうようだといろいろとスケジュールを調整しなければならないですよね。

自分で作成する場合にはそういったスケジュールのやり取りがなく、すぐに自分が書きたい時に、思い立った時に作成することができるのでそういった点では自由度が高いです。自分が書き終えることができた日が作成した日です。もし外部に依頼をするのであれば長くても1か月程度とみておくといいと思います。(面接がありますので、それの予定次第ということもありますが)

遺産相続手続きと遺言書作成にかかる費用について

遺産相続手続きは以外と費用がかかってしまうようなものもあるのですが、では具体的にはどれくらいの費用がかかってくるのでしょうか?できれば詳細を知りたいですよね。自分で遺言書を作成する場合にはかかる費用は特になく、便箋などを新たに購入する程度でしょうか。

ただしもし保管だけが家にあるといろいろと不安だとういう場合には専門機関にお任せすることになるのですが、法律事務所などだと保管料として1年に5000円程度かかります。作成から専門家にお任せするような場合には一つの書面を作成するのに15万円程度が相場と言われています。