相続手続きは事前に相談しておきたい

誰もが直面することになる法律問題が相続です。自分が相続を受ける側になる場合もありますし、自分が亡くなった後、自分の財産を相続してもらう事もあります。身近な問題ではあるのですが、なかなか準備しにくいのも特徴です。

相続トラブルにより、近親者間で関係が悪くなるというケースもあります。トラブル防止のためには遺言書を残しておくのが良いですが、有効なものを作るには一定のルールがあります。

そういった相続手続きや遺言書作成をスムーズに進めていくために、弁護士や司法書士に相続相談をしてみましょう。まずは遺言書作成などから相談してみるとよいでしょう。

遺産相続手続き で注意が必要な事

遺言書がある場合は、自筆証書遺言であれば、開封しないで家庭裁判所に持って行って検認を受けます。公正証書遺言は家庭裁判所の検認はいりません。公正証書遺言であれば公正役場に保管してあります。遺言書があるかどうかを生前聞いていない場合は、探すのがなかなか難しいです。

被相続人が亡くなった時から相続が始まります。医師に書いてもらった死亡診断書を役場に持って行き、火葬許可証や埋葬許可証を発行してもらったり、親族に亡くなったことを知らせたり、通夜、葬儀の手配をしたり、あわただしいしいものですが、遺産相続手続きには期限のあるものもありますので注意が必要です。

期限が定められているので遺産相続手続きは早く済ませましょう

亡くなった方に遺産があれば、遺産相続手続きをしなくてはいけません。誰がどの遺産を相続するのかなどを、遺言書で指定してくれている場合は、問題なく手続きを終わらせることが出来ますが、遺言書がない場合は、遺族で遺産の分割の会議を行って遺産の分割を思考していきます。

遺産相続手続きには期限が設けられていますので、遺産分割協議を行う場合は、速やかに行い手続きに漏れがないように注意をしてください。期限内に手続きを終わらせることが出来ない場合は、相続トラブルに巻き込まれることもありますので、出来るだけ早く手続きを終わらせてください。

遺産相続手続きには弁護士を利用しましょう

遺産相続手続きはたくさんの手続きをしなくてはいけません。遺産分与を受ける人は初めての方が多いので、どの手続きからすればよいのかわからない方が多いと思います。そんなときにおすすめなのが、弁護士を利用することです。

弁護士は何度も経験をしていますので、どの手続きからすればよいのか把握をしているので、順序良く手続きを済ませることが出来ます。亡くなった方が、遺言書を作成しているかどうかによっても手続きの順番が変わってきますので、遺産分与を受ける場合は、すぐに弁護士に相談をしてどの手続きからすればよいのかアドバイスをもらうようにしてください。

弁護士を利用し遺産相続手続きを完了させましょう

弁護士を利用することで、遺産相続手続きを簡単に終わらせることが出来ます。相続の手続きには期限が設定されているので、期日までに手続きを終わらせないと相続トラブルに巻き込まれることがあります。トラブルに巻き込まれないようにするために、弁護士を利用し順序よく手続きを終わらせることが出来ます。

遺言書を作成してくれているかどうかによっても手続きの順序が変わってきますので、弁護士とよく相談をして手続きの順序を決めていくようにしてください。遺産相続手続きをしないといけないとわかったら早めに弁護士に相談して助言をしてもらうようにしてください。