相続手続きの相談ができる専門家とは

一言に相続といっても、何から初めていいの分からない人がほとんどでしょう。
相続相談は、さまざまな専門家が対応を行っていますが、それぞれ対応できる業務や得意としている業務が異なっています。

相続に土地などの不動産がある場合は司法書士、遺産相続争いがある場合は弁護士といったふうに、それぞれの事情に合った専門家に依頼することが肝要です。
相続手続きの中の大事な1つに遺言書作成がありますが、費用の相場はおおよそで行政書士4万円、司法書士5万円、弁護士10万円程です。どの専門家に依頼するかによって費用も差がありますが、金額だけでなく、抱えている事情に適した専門家を選ばないと、後々追加の費用が発生してしまう恐れがあるので注意が必要です。

遺産相続手続きは速やかに終わらせてください

遺産相続手続きはとてもたくさんの手続きをしなくてはいけません。そして全ての手続きに期限が設けられていて、期限を少しでも超えてしまうと、相続トラブルに巻き込まれる可能性があります。亡くなった方が、遺言書を作成してくれているときは、すぐに手続きに移ることが出来ますが、遺言書が作成されていない場合は、遺産分割協議を行う必要がありますので、期限まであまり時間が残されていないことが多いです。遺産分割協議を行った場合は、速やかに手続きに移るようにしてください。たくさんの遺産がある場合は、弁護士を利用するのも一つの手です。

弁護士を利用し遺産相続手続きを済ませましょう

遺産相続手続きはいろいろな書類を提出しなくてはいけません。手続きには期限が設けられているので、期限内に終わらせないと相続したい遺産を相続出来なかったり、相続したくない遺産を相続してしまったりと相続トラブルに巻き込まれることがあります。

トラブルに巻き込まれないためにも、遺産分与を受ける場合は、すぐに弁護士に相談をするようにしてください。弁護士が順序よく手続きが終わるようにアドバイスをしてくれます。遺言書を作成してくれているかどうかでも順序が変わりますので、弁護士とよく相談をして遺産相続手続きをするようにしてください。

遺産相続手続きと遺言書の種類の確認

故人の遺言書を見つけた場合、もしくは、事前にその存在を知らされていた場合はそれに則って財産を相続人の間で分け合うことになります。遺産相続手続きが始まるのは、財産を持つ本人が死亡したときからであり、死亡届を役所に届け出た後に遺言の確認となります。

その遺言書にもいくつか種類があり、一般的によく知られているのが自筆で書かれたものです。これは家族であっても、家庭裁判所で確認してもらってからの開封が必要であり、勝手に開けると無効になってしまうことがあります。一方で、公証人によって本人の意思のもと作成されたものであれば、すぐに開封することができ遺産相続手続きを始めることができます。

遺産相続手続きは知っておくべき知識などが多いです

遺産相続手続きをするにあたり、遺言書がある場合とない場合ではもちろん、遺言書があってもスムーズにいかなくなることも多いのです。やはり、最低限の知識があったとしても、知識と全く異なった方向に行ってしまうこともまたあります。

やはり、そういう場合は弁護士に相談して正しく法律に基づいた方向に持って行ってもらって、相続人になりうるすべての方ができるだけ納得できるようにするのが賢明だと思います。せっかく残していただいた方のことを思えば、揉めたりするのを願ってはいないはずですから、しっかりと有効活用しましょう。