後遺障害が残ったなら交通事故弁護士に

交通事故で後遺障害が残った場合、最も軽い14級でも110万円の慰謝料がもらえます。しかし、保険会社は被害者の無知につけこんで、自賠責基準で計算した37万円という金額を提示してくることもあります。このようなケースでは、弁護士費用がかかっても弁護士に依頼をしたほうがはるかにメリットが大きいでしょう。

一般的に、交通事故弁護士に依頼をしたらデメリットのほうが大きかったということはありません。そのようなケースではそもそも弁護士は依頼を受けません。後遺障害が残った場合には特に、弁護士に相談をしてみましょう。知識のない素人が保険会社と対等な交渉をすることは無謀であると言えます。