加害者の損害賠償金に不満なら交通事故弁護士に相談を

交通事故に遭遇した被害者は、診察と治療を受けた治療費を加害者が契約する保険会社に支払ってもらうことになります。
そして、その怪我が完治するか、治療を継続しても改善が見込めない状態になるまでは治療を続けます。
被害者は保険会社に治療費などの支払った費用、減った収入、慰謝料などを請求します。
両者が話し合って、それまでに受け取った治療費を差し引き、損害賠償額が提示され、被害者が納得できれば損害賠償金の問題が解決するのですが、提示された金額に納得いかない場合は、被害者は交通事故弁護士に相談することになります。