借金でお困りなら債務整理

借金があり、その返済ができずにどうしたらいいか悩まれている人が多くいます。周囲に借金があることを打ち明けられず悶々と悩みを抱えたまま、にっちもさっちもいかなくなった場合、どうしたらいいでしょう。
そんな時は弁護士に相談することをお勧めします。

借金返済には、債務整理という方法があります。弁護士が介入することにより、借金が減額されたり、借金自体が免除されたりします。

債務整理手続きは全て弁護士がしてくれるので、依頼者は何もしなくて済みます。もし借金でお困りなら、一度弁護士に相談してみてはいかがでしょうか。

 

債務整理と自己破産の流れを知りたい

債務整理とする中で、自己破産に決まった場合にはどういった流れで進んでいくのでしょうか?まず自己破産の手続きを進める時には弁護士などのプロにお任せすることを推奨します。やはりなれない書類を自分で作成するのはとても時間がかかりますし、労力もかかるからです。

まずは自分が依頼したいと思う弁護士に電話をして、予約を取り付け、実際に契約をします。契約が済んだ時点で借り入れ先には弁護士から「こうした理由でこうした手続きをします」という書面が送付されることになりますので、そこから催促などがとまることになります。

関連

債務整理で自己破産をするメリット

債務整理は漢字からも読み取れるように借金の整理をすることです。その中でも最終手段と言われているのが自己破産なのですが、一体どういったメリットがあるのか知りたいですよね。最終手段なんて言われてしまうと気になってしまいませんか?自己破産は簡単に言ってしまえば今抱えている借金が0円になることを指します。

その借金の額がいくらであっても、この手続きさえ完了してしまえば返済の義務がなくなります。例え50万円でも、極端な話をしてしまえば1億円でも0円になるのです。なんといってもこちらが最大の魅力でしょう。これが最後の手段を呼ばれる所以です。

債務整理で自己破産を選ぶなら

複数の貸し金業者からお金を借りると、多重債務になります。借金自体だけでなく金利の返済も難しくなれば、債務整理を考えるといいでしょう。自己破産、任意整理など選択肢が考えられますから、弁護士に相談します。債務を減らす方法を伝授してくれることもありますし、債務整理に費用がかかるケースでも相談に乗ってくれるでしょう。

借金を返済しながら借金し続けているケースなら、過払い金の請求ができる場合もあります。過払い請求に関しては、長期間放置しておくと返還されません。請求しないと返ってきませんので、注意が必要です。

債務整理に必要な書類

債務整理を行うには、以下の9つを揃えなければなりません。まずは、保険証や免許証など身分証明書が必要です。その他、書類に捺印するための印鑑、源泉徴収書などの収入証明書、本籍が記載されている住民票、借金先をまとめた債権者一覧表、消費者金融と交わした契約書、ATMなどで借入したなどの明細書、クレジットとキャッシュカード、預金通帳がいります。

任意整理にも同じものが当てはまりますので、上記を参考にするとよいでしょう。債権者一覧表について具体的な記載方法がわからないときは、弁護士に依頼してフォローをお願いすると良いでしょう。債務整理をすることで、気持ちにも生活にもゆとりを取り戻しましょう。

債務整理の相談なら弁護士法人みお綜合法律事務所大阪、京都、神戸

大阪事務所
〒530-8501 大阪府大阪市北区梅田3丁目1番3号
ノースゲートビル オフィスタワー14階
TEL:06-6348-3055

https://www.miolaw.jp/ 【公式】
https://www.kabaraikin.com/ 【過払い請求】
https://www.shakkin.net/ 【債務整理】
https://www.jikokaiketsu.com/ 【交通事故相談】
https://www.bgata-kyufukin.com/ 【B型肝炎給付金】

京都事務所
〒600-8216 京都府京都市下京区烏丸七条下ル東塩小路町735-1
京阪京都ビル4階
TEL:075-353-9901

神戸支店
〒651-0086 兵庫県神戸市中央区磯上通8丁目3番10号 
井門三宮ビル10階
TEL:078-242-3041