任意整理

弁護士が任意整理に介入した時は、お金を借りた人に対して支払いの請求をすることを禁じられています。
もし、その際に請求した場合は、貸金業者は営業停止・懲役・罰金等の処罰を科すことが定められています。
また、任意整理による債務整理の交渉が和解するまでは、毎月の支払いも停止されることになるので、和解が成立するまでの間に生活を見直し、今まで返済に充てていたお金を貯蓄するなどの対応も可能になります。