任意整理

弁護士が任意整理に介入した時は、お金を借りた人に対して支払いの請求をすることを禁じられています。
もし、その際に請求した場合は、貸金業者は営業停止・懲役・罰金等の処罰を科すことが定められています。

また、任意整理による債務整理の交渉が和解するまでは、毎月の支払いも停止されることになるので、和解が成立するまでの間に生活を見直し、今まで返済に充てていたお金を貯蓄するなどの対応も可能になります。

債務整理で気を付けたいこと

債務整理の中でも最も一般的なのが任意整理です。これは、裁判所を通さずに法律関係者が債権者と債務者の間に入り借金の返済について交渉し、現実的な解決策を模索する方法です。しかし、この手法も完璧なわけではなく、デメリットもあります。

まず、以後5年間は借金ができなくなります。ブラックリストに載ってしまうのです。また、自己破産や個人再生といった手続きに比べて借金が減る量は少なくなりがちです。更に、最近は任意に債務の整理をする事に同意しない債権者が増えてきています。つまり、交渉が上手くいかない可能性もあるということです。借金をするならば、計画的な返済を考えておきましょう。

死を考える前に債務整理を考える

計画をたて、地道にコツコツ頑張って生活をしていても、自分の意思と裏腹に借金をしなくてはならないときがあります。また、計画を立ててもそのように実行できない場合、予想をはるかに越える借金をするはめになります。月収を越えた月々の返済額に愕然とします。

返済が遅れれば、メールや電話、郵便物等の催促の連絡がきます。期日を迎えるのが嫌な方も多いでしょう。いつもお金にビクビクし、最悪の場合死を覚悟します。けれど、そうなる前に債務整理を考えた方が良いでしょう。債務整理の種類は三種類あります。任意整理、個人再生、自己破産それぞれにメリットデメリットがあり、人生の再出発を目指せます。

債務整理をする前に考えておくべきこと

借金が返せなくなったとしても、最近は借金を減額してくれる弁護士がいるからいいや、と思っている方はいないでしょうか。債務整理の中でも任意整理なら個人の名前も出ないし大丈夫と思っていませんか。しかし、借りたお金は返すことを前提にしています。

まず、借金をしなければならなくなる前に、自分が何にどれだけお金を使っているかということを把握できるようになりましょう。それには、記録をつけることが一番の近道です。家計簿をつけている人は借金をする確率がとても低くなります。また、家計簿をつけることに慣れたら、ご自身の支出に無駄がないかも確認していきましょう。

借金返済に苦しむ方に債務整理という方法

借金返済に苦悩し、困っている方いませんか。そんな時あなたを助けてくれる方法に債務整理があります。過払い金請求、任意整理、民事再生、自己破産の4つに分けられます。弁護士や司法書士に相談し、手続きを取ることで返済額を減らしたり、支払い期限を延ばす事が出来るそうです。

もちろん借りたお金は返さなければいけませんが、高い金利の利子を払い続けて元金の返済が出来なければ借金はなくなりません。この中で最もよく利用されているのが任意整理です。裁判所を通さないので書類等の手続きが比較的簡単に済み、今より良い条件で返済出来るよう話し合ってくれるそうです。もし苦しんでいる方がいたら一度考えてみてはいかがでしょうか。

関連

MENU

TOP  交通事故  交通事故弁護士  交通事故慰謝料  交通事故相談  交通事故相談  任意整理  債務整理  相続  自己破産  過払い  離婚  交通事故について  債務整理について  相続について  自己破産について  過払い請求について  離婚について